飽きることがありません

痩せようと頑張っている間、私が無性に甘い物が欲しくなった場合、食べるメニューは若い頃から寒天です。

これだと好きな味付けにすることができるので、飽きることがありませんよね。

とりわけ、缶詰みかん入りの牛乳寒天と味なしの四角く切った寒天に、きなこをたっぷりかけた上から黒蜜をちょっぴりたらしたものが定番ですね。

私の場合、子供を産んだ後、増えた体重と元にもどすために、ダイエットと同時に生まれてこのかたしたことがなかった筋トレをしました。

完全母乳で育児をしていたので、無理なダイエットなどはできませんでしたが、筋トレはとても熱心にしました。

そういったこともあり、半年ぐらいでだいたい元の体型に戻って喜んでいます。

よくダイエットといえば有酸素運動を連想しますが、有酸素と無酸素の境目というか、その境界線がわかりませんよね。

例えば、息は上がるけれど、汗をかかないくらいの運動というのがその見分け方のようです。

もっとも、発汗の仕方は季節などによっても変わりますよね。

その辺が、もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットで痩せる人も多くなると思います。

一般的に、これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はこの世に存在しません。

ただし、カロリーが低いものとか、食物繊維が豊富で、お通じをスムーズにしてくれるものはダイエット効果という意味では有効ですね。

実際に、野菜やきのこ類、海藻類を食事に積極的に取り入れると、ダイエット効果があると言われています。

同時に、カロリーの高い食べ物を制限しなければ効果はありません。

ダイエットを頑張るなら、とにかく筋肉を増やしながら基礎代謝を上げる事が重要です。

なので、軽い有酸素運動をした後に筋トレを実施し、その後で、また軽度の有酸素運動を行うのが一番結果が出やすいようです。

確か20年くらい前の話になりますが、その頃、流行っていた減量効果があるらしい外国製のサプリを試しに飲んでみたことがありました。

すると、飲んで少ししたら、わけもなく動悸が発生したり、呼吸が荒くなったりしました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのか判断できず、怖くなってしまい、そこで飲むのを中止することにしました。

なので、体重も何も全く変わりませんでした。

短期間でしかも健康的にダイエットするには水泳がベストな方法です。

走ったりはしたくないという方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わったら心地よい疲労感が残っています。

ダイエットを目標に沢山の人が水泳をしていますので、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。

水泳は想像以上にカロリーを消費しますから、継続することで必ずやせられると思います。

以前、炭水化物を切り詰める方法で減量を目指したことがあります。

よく噛むことで、満腹感を得ようとしましたが、結構厳しかったです。

日本人なので、たまには、お腹いっぱい白いごはんをかきこみたくなります。

なので、現在は炭水化物の摂取を夜だけは控えていますが、朝食と昼食は白いご飯を食べるようにしています。

もっとも最近では、マルチポリフェノールというダイエットサプリを気に入って飲んでいます。

マルチポリフェノールの評価は口コミでも良かったから、ネットで見つけた時は速攻で購入しました。

そのマルチポリフェノールのサプリのお陰で、今は順調に体重が減ってきています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク